トップ

当学会では19世紀アメリカの思想家・随筆家ヘンリー・デヴィッド・ソロー ( Henry David Thoreau ) およびその影響を受けた人々、文化、文学またはソローの生きた19世紀という時代のアメリカに関する研究活動を行っております。

News 日本ソロー学会 2022年度全国大会 10月7日(金曜日)
    会場 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール ←詳細クリック
   (対面式、ただし日本アメリカ文学会年次大会の形態がオンラインと
    なった場合は本学会も合わせてオンライン開催に変更する)

大会プログラムPDF版 (こちらをクリックしてください)

総合司会 金澤 淳子(東京理科大学)
開会の辞(13時30分) 会長 佐藤 光重(慶應義塾大学)

1.研究発表 (13時35分~14時15分) 司会 堀内 正規(早稲田大学)
   山田久美 (久留米工業大学)      
   「Pandemicの時代に――Thoreau的戦闘の在り方に関する一考察」

2.シンポジウム(14時30分~16時50分)
  テーマ:ソローと19世紀の作家たち――アメリカン・ルネサンスを再構築する
  パリスト:
   竹野富美子 (東海学園大学)
   「ナサニエル・ホーソーンの戦後処理――ポストベラム期の回想記を読む」
   貞廣真紀 (明治学院大学)
   「もう一つのアメリカン・ルネサンス――ソローとホイットマンにおける自然」
   小椋道晃 (明治学院大学)
   「ノンヒューマンの詩学――ソローとメルヴィルの植物的想像力」
   司会・パネリスト 竹内勝徳 (鹿児島大学)
   「ソローとトウェイン――口承文学の系譜」

3.特別講演(17時00分~18時00分)
  題目 朗読劇「ヘンリと昌益」(作=管啓次郎) 
  出演 管 啓次郎 氏(明治大学)、木村 友祐 氏(小説家)
  司会 佐藤 光重

閉会の辞 副会長 塩田 弘(広島修道大学)
  総会 (18時15分~18時30分)
  懇親会はいまのところ予定していない。

※ 学会参加はどなたも事前の受付等なく自由に参加できます。

日本ソロー学会事務局:
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学文学部 佐藤光重研究室 
e-mail: mitsu [at] minuet.plala.or.jp ※送信時は[at]を@にかえてください。